Skip to content

ファクタリングを利用するさいの比較ポイント

ファクタリングは売掛債権を買い取ってくれるサービスです。

日本ではあまり馴染みのないサービスですが、海外ではよく行われているもので、日本でも都市部を中心に増えています。一方でファクタリングといっても参入している業者が増えており現状としては、玉石混交といったところです。ほとんどの業者は社会通念上の良識の範囲内で営業していますが、中には法外な手数料を取るようなところもあり、利用するのであれば比較検討する必要があります。ファクタリングの比較するポイントとしては「手数料」「対応スピード」「限度額」そして「実績」です。

ファクタリングの手数料の相場は、幅があり5%から40%と幅広いものです。これらは買取をお願いする企業よりも売掛先の信用力に依存します。つまり優良な取引先であればそれだけ手数料は小さくなるものです。ただ実際のところ利用するのであれば10%以下であることが費用対効果があるもので、10%を超えるような手数料を支払うと得られる金額が小さくなるので、あまりメリットがありません。

よほどの理由があって現金化を急がなければならない場合を除けば、ファクタリングはおすすできません。対応スピードも比較されるポイントで、たいていの場合には急ぎで現金化を考えているわけですから、早いほうがメリットがあります。また買取できる限度額もあり高額買取が出来るところほど余裕があると言えます。それと商取引では信用力が欠かせませんが、その点で営業実績も確認しておく必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *