Skip to content

事業資金とその調達方法

事業資金とは事業を立ち上げたり、事業を運営していくために必要な経費のことで、おおまかに分けて設備資金と運転資金の二種類があります。

設備資金は事業を立ち上げる時必要な資金で、事業用の店舗や物件の取得費用、内外装工事費と備品購入費、従業員の募集費用などです。運転資金は事業を運営していくために必要な経費で、毎月の家賃と水道光熱費、従業員の給料と通信費、原材料の仕入れ費用と保険料などが運転資金に含まれます。事業資金が潤沢に余っている経営者はまれなので、銀行や信用金庫などから事業資金の融資を受けている経営者が大半です。

銀行や信用金庫からの融資の他にも、ビジネスローンや民間の金融サービス業者からのキャッシング、近年では売掛金などを売って現金化するファクタリングという新しい資金調達方法もあります。銀行や信用金庫からの融資は安全で金利も安いものが多いのですが、融資の審査に時間がかかるのが難点です。ビジネスローンやキャッシングは審査が比較的ゆるく、即日事業資金が手に入ることもありますが、金利が高いため返済できる範囲内で借り入れしないと、逆に資金が焦げ付くことがあるので注意が必要です。

ファクタリングは審査がゆるく即日現金化が可能、売掛金を売るため経理上の負債も減るという一見すると一石二鳥な資金調達方法ですが、ファクタリングの手数料が高くファクタリング業者自体がまだ新進気鋭の業者が多いことから、利用は慎重にしなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *