Skip to content

事業資金を得るためには

事業資金を得るためには、金融機関からの融資を受けるというのが最もよく知られた方法でしょう。

本来、金融機関というのはこのような目的のために存在すると言ってもよく、個人が普通預金や定期預金をするためにあるというのはその一面に過ぎません。普通預金や定期預金で集めたお金を、新しく事業を展開しようとしている個人や法人に融資することが金融機関の大きな使命のはずです。ところが金融機関も損をするのは嫌ですから、事業資金の融資を申し込んだからと言って簡単には貸してはくれません。貸したお金を約束通り返済してくれるのか確信を持てないことには融資は断られてしまいます。

結果として、得てして既に実績のある大手企業が新規事業を展開しようとするときなどには比較的融資のハードルは低いものの、これから会社を新しく興そうとするような人が必要としている事業資金の融資に関しては、金融機関は慎重になることが多くなります。別の方法としては株式を発行するという手もありますが、これはその株式を購入してくれる人がいて初めて資金調達の手段になります。

株式は株式市場で購入できるはずというのはあまりの思い込みであり、株式市場で取引されるのは全ての会社ではなくごく限られた優良企業、有望企業だけに過ぎません。新しく興す会社の株式が株式市場で取引されるようになるのは容易なことではなく、それが一つの目標にされることもあるくらいで、最初から資金調達の手段に考えることは難しくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *