Skip to content

事業資金の集め方のいろいろ

個人で事業を起こそうとするときに必要なのが、事業資金になります。

企業などが銀行から受ける融資と違い、個人が銀行から事業資金として融資を受けるのはそう簡単ではありません。個人事業主が資金調達に苦労するのは、信用力が不足しているからです。大手ならば貸してくれるような金融機関でも、個人事業主が相手だと話が違って来ます。融資をしても、きちんと返済ができるのかどうか不安で融資をためらうことも多くあります。

個人事業主が事業資金を金融機関から融資を受けようとする場合、強力な助っ人となるのが信用保証協会です。信用保証協会は、信用保証料を支払うことで個人事業主が融資を受ける際の保証人となってくれる機関になります。融資を受けた事業主が返済できなくなった場合に、信用保証協会が立て替えてくれるので、金融機関から融資を受けやすくなるのです。対象となる条件等があるので、事前にチェックしておきましょう。近年、注目されている新しい資金調達法としてクラウドファンディングがあります。金融機関からでなく、多くの人から直接資金を調達する方法です。

小額から投資できるので、出資者の負担が軽いのが特徴でもあります。出資者はインターネットで公開された事業内容を見て関心を持てば出資を行い、その見返りとして報酬を受け取るという仕組みです。クラウドファンディングには、寄付型や投資型、購入型の3タイプがあります。寄付型は、リターンがありません。

購入型はあらかじめ決められている、物品や体験などがリターンとなります。投資型はそのプロジェクトが成功した際に、金銭が支払われる仕組みです。インターネットで事業資金を集めることが出来るので、個人事業主には最適な方法だと言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *