Skip to content

ファクタリングの仕組みと手数料とは

ファクタリングとは、取引先から将来に受け取る予定の売掛債権の買取サービスです。

取引先の会社から入金される日までの間にどうしても資金が必要な場合には、ファクタリング会社に自社の持つ売掛債権を買い取ってもらうことで資金を受け取ることができる仕組みです。債権買取の際に1~40%の手数料が差し引かれますが、手数料の割合は取引の種類(2社間または3社間)や取引先の会社の信用によって決まります。取引先(支払い企業)からファクタリング会社の口座に支払いが行われる3社間のサービスだと、手数料は1~5%と低めに設定されています。

手数料が低い理由は、支払われる売掛金が持ち逃げされるリスクが低いからです。これに対してクライアントの口座に売掛金が振り込まれた後に支払われる2社間ファクタリングの手数料は、5~40%が一般的です。手数料が高く設定されている理由は、売掛金が回収できなくなるリスクがあるからです。ファクタリングの審査は、売掛債権の買取サービスを利用するクライアントではなくて支払い企業の信用状況によって判断されます。

取引先の企業が大企業であれば債権の回収ができなくなるリスクが低いので、手数料が低く設定されています。逆に支払い企業の信用状況が低い場合には貸し倒れリスクが高くなるので、手数料が高く設定されます。一般的に審査が甘くて全ての債権を買い取ってもらえる場合には、手数料の割合が40%前後です。手数料の割合が40%であれば、単純に計算すると5社中1~2社が貸し倒れになると仮定されていることになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *